パソコンの部品

このサイトではパソコンを自作する上で最低限必要な知識である各部品(パーツ)について詳細と、組み立てる上で気をつけなければならない事柄について解説を行なっています。

パソコンの部品

パソコンは部品(パーツ)を組み合わせることにより、自分で作ることが出来る。またその組み合わせは無限大にあり、ユーザーが必要な機能に応じて部品を選ぶことで、要求されるスペックを実現したパソコンを作り上げることが可能となる。たとえばゲーム用や動画編集用のパソコンであれば演算能力を強化した上で、ビデオ出力機能を強化するとか、文字入力頻度が高ければ耐久性が高く打ちやすいキーボードを付けるなど、自分が必要な機能を自由に強化できるのが、パソコン自作の最大の魅力であると言える。逆に必要ない機能を削ることでスペックを落とし、極力コストを削り安価なパソコンを作ることも可能であり、例えばワード、エクセル位しか使用しないのであれば簡素な仕様で、3万円程度で作ることが出来るのも、パソコン自作の醍醐味であるとも言える。

PRリンク1
福山の美容院でおススメはアットキレイ
福山の美容院ならトップシェイプへ行こう!

パソコン自作、2つのプラットフォーム

パソコンの自作には2つのプラットフォームが存在し、系譜的に分かれている。それはマザーとCPUの組み合わせが縛られていて、プログラム的には双方は互換性があり、基本的に同じプログラムが動く仕様となっているものの、CPUのピン数や信号線は製品によって異なるため、マザーボードによって使用できるCPUは絞られ、またCPUによってマザーボードは絞られていると言える。とくにCPUのメーカーがインテルかAMDであるかによってもマザーボードが制限されるので、パソコンを自作する場合はまずどちらのメーカーで組むのかを決めてから部品を選ぶ必要がある。また今回このサイト上では取り上げていないが、他にメモリーやハードディスク、SSD、光学ドライブなども必要に応じて追加でき、また他には音源ボードやテレビチューナー、キーボード、マウスなども好みの製品を追加することが可能である。

PRリンク2
福山 風俗
福山でリンパマッサージは | プティ

パソコン自作の問題点

かつて自作パソコンの愛好者たちは、自作はコストパフォーマンスの良さをその理由としていた。実際当時のパソコンは高価なものが多く、またマニアが好むような高スペックなパソコンは、種類が少なく特に高価であったため、ユーザーはパーツを買い集めて自分で組み立てたものである。また多くの種類のパーツが市場に出回っていたことも、自作ブームに拍車が付いた。しかし昨今ではパソコンそのものが安価となり、最低限必要な機能がマザーボード上に搭載されているために、あれこれパーツを選ばなくても高スペックなパソコンを手に入れることが可能になったため、自作の必要性が無くなってきたといえる。

PRリンク3
福山で正社員求人をお探しなら | アーツェット有限会社
岡山 風俗&デリヘル | ナイト情報